畑仕事(20年2月第2週)

今週は急に温度が下がり、すっかり”冬”を意識させる天気が続きました。

しかし、ほうれん草は寒くなればなるほど、凍結しないために葉に糖分を蓄えます。そう考えるとおいしい野菜に寒さは大事ですね。

今年はダイコンの成長が今一つでした。でも、毎週少しずつ食べるには一気に大きくなってしまうよりは良いかも

結球しない白菜は虫食いもほとんどなく本当にきれいです。しかし、あんな小さい種からこんな大きな葉物が育つのですから不思議なもんですね。

小ねぎがなんか調子よくないんですよね。温かくなって来たらちょっとは持ち直すのかな??

そろそろ次の植え付けに備えて、残りの白菜は小さいものも全部収穫してしまいました。そして、牛糞たい肥、化成肥料、苦土石灰をまいて準備OK。ここにはジャガイモを植えることにします。

今週は風が強かったので1週間ぶりに畑に行ったらすっかりビニールが剥がれていました。遠くに飛んで行っていなくてよかった。

しっかり土で埋めてと燃えていたつもりだったのですが、何せ面積が狭いので両端にそれほど余裕がないんですね。

春菊は、何回か収穫したのですがそろそろ終わりですね。今後は花を咲かせてみることにします。

大根の苗はこの寒さで凍ったのか乾いてカリカリの状態になっていました。

このカリフラワーはダメですね。何なんだろう?ほかのカリフラワーの陰に隠れていたので日照不足なのかな?

玉ねぎは順調のようです。

ただ、中にはちょっと太すぎるかなと思うものも。

残り一つのキャベツ。今週、春キャベツの苗を買ってきたので来週から第2弾に取り掛かります。

ほうれん草と白菜の残り全部を収穫して今週の作業は終了!       

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です