この伝統を続けて欲しい大勝軒@三越前

平成も終わりを告げようとしているので、ここは昭和の香り漂う店へということで本日は日本橋大勝軒でランチを取ることにしました。

どうですか、この建物。昭和の日本らしいではないですか。説明しないと一瞬中国に来たのかと勘違いしてしまいそうです。

 

ディスプレイも昭和感いっぱいでどこかのテーマパークに来た錯覚さえ覚えます。

 

メニューはいかにも昔ながらの中華食堂の王道を行くような内容です。どれにしようか迷っていると周りのお客さんは申し合わせたようにA定食を注文するので私も”じゃあ”ということでA定食を注文

 

夜のメニューはちょっと違うようです。おつまみにできるメニューが増えているようですね。これはこれでまた来て食べてみたい気もします。

 

ジャーン!そして出てきました「A定食」王道の半チャンラーメンです。

ラーメンもみるからにあっさり系で刻みネギがあっさり感をさらに演出しています。そしてよくみてみるとチャーシューが2種類。正確にはチャーシューとハムが乗せられています。ハムというところがまた泣かせますね。

そしてチャーハンですね。頂点に3つ乗せられたグリーンピースにこだわりを感じますね。そしてその下にグリーンピースを全力で支えるように鎮座する錦糸卵も盛り付けの美しさを演出しています。

そして周りを眺めていると衝撃の張り紙が目に飛び込んできました。なんと、4月26日で閉店するとのこと。その間なんと85年間この地で営業してきたようです。これには本当に驚きです。一つの店で85年間も営業している店はそうそうないのではないでしょうか。人間の寿命以上に組織が続くのは非常に大変なことなのだそうです。そして何よりも残念でなりません。日本橋も開発が進んできていますので今後、室町界隈の個人店はどんどん無くなっていくのかもしれませんね。

閉店の日を迎えるまでもう一度訪問してみたいと思います。

店名:大勝軒:タイショウケン
住所:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-3-3 (エリア: 三越前 )

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です