島根料理とさばしゃぶの店「主水」

今日のランチは前から気になっていた島根料理のお店です。道路を挟んで三越の真正面に位置しています。ところで、島根って人生のなかで一度しか行ったことがないです。城が大好きで国宝五城の松江城を10年以上前に妻と訪れたことがあります。ちなみに、国宝五城とは天守が国宝に指定されている城が日本には5つあり松江城はその一つです。他は、姫路城、彦根城、犬山城、松本城がこれにあたります。高知城や岐阜城も結構立派ですが以外にも指定されていないんですね。

 

なんともたいそうな入り口です。場所柄観光で来ている外国人の方も多いですね。

 

これがランチのメニューです。どれにしたら良いのか非常に迷います。

ちょっと気になるのが「円」ではなく「縁」になっているところ。昔、歌舞伎町のボッタクリ居酒屋が良く使っていた手口を思い出してしまいました。(もちろんここは大丈夫です)

 

それで当店おすすめと言うこともあり「元祖焼き鯖がいな丼」を注文。がいな丼??あまり聞きなれない名前です。調べてみると島根のある地方の方言で「がいな人」は「すごい人」とか「強い人」といった表現として使うみたいです。「我意」と表記するとも。まぁそんな感じなのでおそらく「すごい丼」ということか??

 

ほかにもこんなメニューが。ランチだけでなく夜もゆっくりと島根に浸りに来てもよいかも。

 

ジャーン!そしていよいよ登場。どうですかこの美しさ!そしてこれ、結構なボリュームあるかも。。。

 

 

違う角度からもどうぞ。これでもかと言うほど細かくほぐした鯖が敷き詰められています。そして、ルビーのように輝くこのいくら。食欲をとてもそそります。

そして実食。うまいー!!酢飯と海鮮がいい塩梅にまじわり次から次へとあふれ出てくる食欲を抑えることが出来ません。夢中になって味わっていると、店員さんから「出汁茶漬け用の出汁で~す」といって運ばれてきました。

 

そういえば、このがいな丼の食べ方として①最初はそのままで、②次に薬味をいれて、③最後はだしを注いでお茶漬けでと書いていたような。

そうそう、これ。危なくこれを見逃し②で終わるところでした。では、出汁茶漬けで味わってみます。

 

三様の食べ方を味わうことが出来、ある意味とてもお徳感のあるランチじゃないですか。出汁もいい味を出していて二日酔いのときにももってこいだと思います。

 

女性の方にはこんな気配りもうれしいですね。

会計は、ここのお店もpaypayの利用が可能で20%OFF、つまり800円でいただくことが出来、これまたお徳ですね。(当日はちょっとトラブルがありpaypayの支払いに手間取りましたので店員さんがなれるまで要注意かも 笑)

 

店名:しまね料理とさばしゃぶの店 主水 日本橋三越前店 (もんど)
予約・お問い合わせ:050-5595-5801
住所:東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル 1F

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です