これでもかというほど本格中華 中国菜 胡桃 hutao

初めて胡桃にお邪魔しました。ずっと「くるみ」という名前のお店だとおもていたのですが、よく見てみると「hutao」と書いてあるではないですか。なるほど中国語読みで「フータオ」と読むらしいですね。

いつも通りビールで乾杯。

妻と娘はプーアール茶をオーダー。このようにポットで出て来ます。余計なお世話ですが、ダイエットにはプーアール茶ですね。

それではメニューの紹介です。中華料理屋さんですのでその数は半端ないです。

そして紹興酒のバリエーションがすごいです。私は紹興酒はちょっと得意ではないので詳しくはないですが、これだけの種類を揃えているお店は珍しいのではないでしょうか。

こうしてそれぞれの紹興酒の特徴がヒストグラムで紹介されています。

まずは青ザーサイの浅漬けから。これまで食べなれて来た桃屋のザーサイの感覚で食べるとちょっとやられます。この歯触り、あっさりとした味わいが前菜にもってこいです。

四川名物よだれどりです。「四川」のも文字が入っていたので辛いのかなと思いましたが、全然そんなこともなくとても良い食感です。そして何よりも本格中華を感じさせる味わい!

タラバガニ、ユリネの卵炒めです。ユリネのシャキシャキ感と卵のふんわり感が共存しているとても面白い料理です。

そこにタラバガニの風味が後から追いかけてくるおすすめの逸品です。

黒酢の酢豚です。いい意味で予想を裏切ってくれる料理が運ばれて来ます。これは”肉を食っているぞ!”という感覚がします。どちらかというと角煮っぽい感じですかね。

ここでプーアール杯にチェンジ。

折角だからいつものと違うものを食べようと言っておきながら、ついついいつもの癖で注文してしまう餃子。何もつけずにこれだけで行けるくらい十分味がついています。

まだまだ行きます。これも中華料理屋の定番メニューチャーシューチャーハンです。王道ですが、やはり本格派のチャーハンは一味違います。

 

そして、ここに来たのならこれを食べなければということで麻婆豆腐をいただきました。ただし、辛いのは苦手なので本来は3辛なのですが、1辛で作ってもらいました。

結果的に3辛でも多分OKですね。これはこれでとても美味しい麻婆豆腐でした。

先ほどの麻婆豆腐で辛さに自信をつけ、焼き鴨の四川式生姜風麺(3辛)を注文。これは超うまい!!これはかなりおすすめですね。こんな料理は本格中華を提供するこの店でしか食べることができないと思います。

デザートにはコーヒープリンを注文。

そして、カスタード揚げ胡麻風味を注文。予想に反して甘すぎず素朴な味でとても美味しい。初めて食べました。

次回訪問がとても楽しみになるお店でした。

ごちそうさまでした。

店名:中国菜 胡桃 (hutao)
予約・お問い合わせ:03-6874-8635
住所:東京都狛江市岩戸北4-17-19

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です