本場札サッポロ純蓮の味がつつじが丘で「炙り味噌麺 優」

今日は仕事が休みだったので、つつじが丘に新しくできたラーメン屋さんへ行くことにしました。

京王線といえば踏切。普段は小田急を使っているのですが、ほとんどが高架となっていて、このような景色が見られるのもこの辺では京王線くらい。

そしてこの踏切もタイミングによっては結構な時間待たせられますね。この踏切を普段使う人はよく耐えられるなぁと感心しています。

そしてつきました!炙り味噌麺 優。この店は1月31日にオープンしたようですが、店長はあの「純蓮」で働いていたとか。

これはかなり期待が持てますね。

名前の通り、味噌をメインにしたメニューです。

店に入ってから券売機で食券を購入します。今回は味噌にバターをトッピングすることにしました。

テーブルの前には一味、胡椒、酢がおいてあります。まぁ標準形といった感じでしょうか。

サイドメニューは豚丼を押しているようです。豚丼といえば帯広。これも北海道ならではのメニューということでしょうか。

そしていよいよ着丼!非常にシンプルな見た目です。そして一口目。純蓮よりはかなりあっさりしていると感じました。何よりも脂の量が少ないです。これも東京向けにアレンジ?

チャーシューはとても柔らかくスープとは違った塩っぱい味がします。スタンダードな味噌ラーメンだと問題ないですが、おそらくチャーシューメンにすると相当塩っぱくなるのではないでしょうか。

純蓮も相当塩っぱいですが、脂も多いので結果的にマイルドな味に仕上がっていますが、優は脂分が少ないので塩っぱさがダイレクトに伝わってしまう感じですかね。

もうしばらく時間をおいて味がどのように変わっているか再訪問してみたいと思います。

 

ちなみに店の隣に同じ名前のスナックがありましたが何か関係しているのでしょうか?

 

店名:炙り味噌麺 優 (ユウ)
予約・お問い合わせ:042-499-5622
住所:東京都調布市西つつじヶ丘3-32-1

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です