畑仕事(20年12月第4週)

今年も最終週となりました。聞くところによると年末年始は非常に厳しい寒波がやってくるとか。

南国フルーツのパパイヤもやはり東京の寒さには勝てないようです。見事に枯れていきました。今年は十分楽しませてもらいました。市民農園なので、周りの人からの注目度もNO1でたくさんの人に「これ何ですか?」と聞かれました。

このまま置いておいてもしょうがないので処分することにします。

幹をきってみたらこのように空洞になっているんですね。途中で節のようなものがあり、構造は竹のようになっています。

一見木のように見えますが、幹はとても柔らかく、鉈があれば簡単に切れそうなくらい柔らかいです。

根も柔らかくゴボウのような感じです。大きく育ったので心配したのですが割と簡単に掘り起こすことができました。

パパイヤよありがとう!

ニンジンは毎週必要なだけ収穫して使えるくらいまで大きくなりました。

今年は1月にニンジンの種まきをして案外うまく育ったので(記録はこちら)来年も1月に種まきをしてみたいと思います。

大根もいい感じに育っています。

  

三つ葉ですが、葉は大分茂っているのですが、売っているもののように長く育ちません。なぜだろう?寒さ?

防虫ネットをかぶせた白菜は虫食いもなくいい感じに育っています。このまま大事に育てたいと思います。

ブロッコリーのわき芽も出てきました。あとは気長に待つこととします。

今回は実験的にこの時期にマルチをしてビニールトンネルで種から大根を育ててみたいと思います。趣味の園芸でこの間やっていたので多分大丈夫でしょう。

相変わらずマルチは不格好。

 

無事にビニールトンネルをして完成。さてうまくいくかな?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

和食を堪能「ほしの」