多摩川散歩

先日の野川に続いて、今回は多摩川沿いを散歩してみました。

出発はここ「田中橋」から

田中橋から間も無くのところに古民家園があります。ちょっと寄ってみることにしました。

日本昔話の世界が広がります。

これは昔の機織り機でしょうか。テレビの世界でしか見たことのない道具が展示されていました。

これは唐箕(とうみ)と言うらしいのですが、ちょっと調べてみたら、風により穀物と籾殻を分けるものなのだそうです。流石にこれが動いているところは見たあことがありませんね。

これは子供の頃に見たことがあります。脱穀機ですね。

天井を見上げてみたら、立派な梁と釘を使わず、組み上げていることに感心しました。

いいですね。何となく落ち着きます。床もピカピカに磨き上げられています。

荒井さんの家だったみたいです。お医者さんだったのですね。

そして外にはなぜか船が。。。周りを見てみましたが特に説明がないので何の船かよくわかりませんが、おそらく昔多摩川に浮かんでいたのでしょうね。

 

しっぽりとした感じがとても落ち着きますが、ここで古民家園を後にします。

そしてすぐそば、五本松にきました。いつも思うのですが、五本松てどの五本なのでしょうか?昔は五本だけだったのでしょうか?

この日は残念ながら曇りでした。

でも、よくよくみて見るといろいろな花が咲き誇っています。

この日は曇りながらも富士山が綺麗に見えていましたよ。

河川敷では凧揚げもしていました。

和泉多摩川駅までやってきましたが、何と桜の花が咲いていました。

十月桜と言って今頃咲く桜もあるのですね。

 そして泉の森テラスに着いたのでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です